ゼニカルと利尿剤・アボカドはダイエット向きの食べ物

ゼニカルは脂肪の吸収量を少なくさせるダイエット薬で、脂肪分の多い食事と一緒にとると効果的です。口コミでは、お尻から油のような液体が出ると言われていますが、まさしくそれが未吸収で排出された油です。その様子を見ると、自分がいかに油の多い食事をとっていたかが認識出来ます。
ゼニカルを使う時には、脂溶性ビタミンが不足することがあるので注意が必要です。脂溶性ビタミンA・D・E・Kとβカロテンは、油に溶け込む性質があるため、未吸収の油とともに体外に排出されてしまうからです。なので、ゼニカルを使う時には必ず脂溶性ビタミンを補うビタミン剤と一緒に服用するようにしましょう。
ゼニカル以外の排出系の薬では、利尿剤があります。利尿剤は体の中の余分な水分を排出してくれる薬です。生理前の浮腫や高血圧の治療薬として使われることが多いですが、ネット通販でも購入可能なので、ダイエット目的で使う人も増えています。ただし、利尿剤は水分の排出だけではなく、カリウムまで排出してしまいます。カリウムが不足すると、かえってむくみが悪化することもありますし、体の電気信号がうまく伝わらなくなって筋肉痙攣、麻痺、吐き気、などが起こることがあるので、不足しないようにカリウムを補給しましょう。
ダイエット食品として有力なのは、アボカドです。アボカドは野菜のように見えますが、果物の一種です。アボカドダイエットの方法は、食前に1個アボカドを食べるだけです。それにより、デトックス効果が得られます。また、糖質が少ないので、インスリンが放出されず、脂肪になる原因を抑えてくれます。こってりとした食感なので、バターの代わりにアボカドを使うなどの工夫が出来ます。